09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

台風と私。 


2009.10.08
Thu
15:50

大型台風が日本直撃しましたね。
うちも台風準備に大忙し、
昨日夜から今朝にかけてはがたぷるでした。
幸い農作物の収穫はあらかた終わっていたため被害は少なくて済んだんですが、
青森やその他、農家の皆さんのゆううつそうな顔がテレビでうつっているのをみると
心が痛みます。

自然相手の商売は大変です。



さて、台風といえば、飛行機や電車、フェリーなど交通網に大きな影響がでますね。
待たされた方々、予定を変更せざるをえなくなった方々にしてみれば
迷惑きわまりないことですが、
安全のため、
多少の予定変更は我慢するしかないと思うのです。

そう、しみじみ思った、ある夏の旅行。





これは私がまだ学生だったころ。
ふと北海道へ行こうと思い立ち、
旅費をやすくあげるためにフェリーで行くことにした。
(当時は飛行機の1/3くらいの値段だったと思う)

がしかし、出発の日には大型台風が日本列島に接近。
あわや欠航か!
と思われたが、出発地の福井県を台風が通りすぎたため
3時間ほど待たされた後、ようやく出航となった。

台風と私。
出航したうれしさにあふれる私。


ウワサでは、フェリーというのは時間はかかるが

・ゆれない
・映画見放題
・超でかい大浴場つき
・売店やレストランあり、モノには困らない

超快適クルーズというではないか。
北海道まで予定では21時間。
楽しんでやるぜとほくそえんでいた。

が、

台風と私。
地獄絵図。


台風の影響で大波、ものすごいゆれ。
そのため、売店やレストラン、大型浴場、映画館は全て閉鎖。
船酔い者続出。
ほぼ、客室で過ごすことを余儀なくされた。
この客室っていうのが寝台車みたいな構造になっていて、
狭い中に2段ベッドが2つ。
船酔いしている方々のうめき声が四方八方からきこえるわ、
波が船にあたる音がものすごくて眠れないわ、
とっても不安をかきたてる。


その時、乗務員の方が安全確認や連絡事項(弁当の販売とか)をいいに我々の部屋を訪れた。



台風と私。

思わず1人が質問。

台風と私。

台風と私。

台風と私。
さわやかに。

台風と私。
見知らぬ4人の心が1つになった瞬間。




うそでもいい。
私たちはただ、
「安全ですよ」
の一言がほしかっただけなのです。




それとも彼の一世一代のギャグだったのだろうか。







お金がないわけでもないのに、ついつい貧乏旅行をしてしまうクセがある。
きっと、あのサバイバル感がたまらないのだと思う。
そんな私に生命力を下さい。
このボタンを一押し!

人気ブログランキングへ
こちらもよろしければ・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
スポンサーサイト

category: 思い出

trackback(1) | comment(3) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。