02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./04

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

甘い言葉は封書で。 


2010.03.15
Mon
23:00

卒業式シーズンですね。
いろんなドラマがあるんだろうって想像しながら学生さんを眺めてると、
もうそろそろ警察につかまるかもしんないくらいにやにやします。


さて、私も卒業式から遠ざかってながいもので、
ネタにしちゃってももう時効だろっていうのを本日は。

この時期になると、思い出すんですよね~。





あれは、卒業式を控えた中学3年生のある日のこと。





甘い言葉は封書で。
年賀状以外で手紙なんて珍しい。


不審に思いつつ、私宛のハガキをみると。


甘い言葉は封書で。
ほのかな恋心、打ち明けられてた!



ちょっとちょっと、ジネンにも春?
春がきちゃったの?
って、慣れない出来事にてんぱっちゃったものの
よく、よくハガキの内容をみてみると



甘い言葉は封書で。
おいおい、ちょっと待て。



日曜って、日曜って、









甘い言葉は封書で。
指定の日より後に配達されるという悲劇。



すみません、大事なものは
到着日指定でお願いします。













その子は小学校(6年間クラス替え無しのほんとに小さな小学校)からの同級生で、
小学校の時はいわゆるいじめられっこってやつでした。
私は「特定の誰かをいじめる」っていう感情が理解できない、
子どもらしくなくかわいくない子どもだったので(今は理解できる)、
いじめには参加してなかったです。
でも、中学生になって、その彼と同じクラスになって、
周囲がやっぱり軽くその子をからかう気配になった時に
私は遠くでぼんやり見つめているだけでやめさせることはしませんでした。
積極的ではないにしろいじめに参加していたような気がします。

だから、このハガキをもらった時には驚いたし、
ものすごく申し訳ない気持ちになったものです。











まあそんなこんなで今も昔もジネンには今ひとつ色気が足りないって
話なんですが、
あれ、ハガキだったんですよ。
だから、読んでたんだろうなって思うんですよ。家族が。



最近になってそれに確信を覚えました。
だってね、だってね、


甘い言葉は封書で。
意味ありげに母がいうわけで。






あのハガキはまだ実家に保管してあります。
生活に困ったら、あのハガキをSんちにもっていってゆすってやろうという魂胆。
ここでの教訓は、後になって困りそうなもんは形に残しちゃいかんってことです。
さあ、注意喚起の為におひとつぼちりとお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもおひとつ・・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
スポンサーサイト

category: 思い出

trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。