08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

本当にあったコワイ話2 


2009.09.27
Sun
23:59

仕事してると、予想もつかない災難にみまわれることがあります。
以前記事にした
本当にあったコワイ話1
に引き続き、今後私が
「今までで1番恥ずかしかったこと」を聞かれたら
鉄板で答えるであろう出来事を今日は。






以前勤めていた会社では、
通常はショールームでの営業活動を行わない開発部門も新商品PRのため全国ショールームへ出張することがあった。
開発部門に所属していた私も例にもれず、
いそいそと出かけていつもとは違う空気をかみしめていた。


さて、ある新商品発表会の日。
事前準備も終了し、開店まであと10分というところ。
なぜか「うちの商品の命中率は業界一!」(←なんの命中率かはご想像におまかせします)
という話題になった。
それに伴い、次々にその場にいたメンバーが展示されているトイレに座りはじめた。
なんだかとても場は盛り上がっている。
ここで座っても別になにも証明されるわけではないが、とりあえず

本当にあったコワイ話2
社会人としてやっぱりノリは大切なんです。

本当にあったコワイ話2

本当にあったコワイ話2

本当にあったコワイ話2

本当にあったコワイ話2

本当にあったコワイ話2

本当にあったコワイ話2
もう嫁にはいけんな・・・。そう思った瞬間。





みんな(全員男性)に見守られながら、
温水洗浄便座で服の上からお尻を洗浄されてしまうという悲劇。





もちろん、私がスイッチを押す訳もなく、
周囲を見回すと、遠くの方でリモコンを持っている社員が1人。
私の後方にあったトイレの動作確認中、
近くにあった私の座るトイレが反応してしまったようだ。



股間をびしょびしょに濡らし呆然とする私。
消えたい。このまま空気になりたい。
がしかし、とんでもなく雲の上な上司の大爆笑を皮切りに、
周囲の人が笑ってくれたのでなんだか心は救われたのだった。
いや、へたに同情されるよりはって意味で・・・。







まーなにって1番みられたくなかったのは
本当にあったコワイ話2
それでもお客様がくるまでには乾いたのよ!










いや、マジであの事件で婚期10年はのびたね。(←だいたいの恥への耐性がついてしまったという意味で)
こうやって公開してしまうあたり、あと10年くらいのびそうだね。
そんな私に同情クリック、お願い致します。

人気ブログランキングへ
こちらもよろしければ・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
スポンサーサイト

category: 日常

trackback(0) | comment(5) | 記事編集

go page top

« 2日酔いと私。  | h o m e |  身の程。 »

コメント


私小4くらいから中2あたりまで結構冷めた子供だったんですよ。
ジェットコースターに乗っても「もし何かあっても賠償請求できるな。」とか思って乗ってました。笑
そんな大人を大人と思わない、世界は私が回してると勘違いしていた私が新幹線に乗った時の話ですが。
トイレに行きたくなったんですよね。で、机の裏側のトイレ位置をちゃんと確認して
スクっと立ちあがったとんがった当時の私。
カツカツ靴を鳴らしながら何の迷いもなく、ただ前だけを向いて歩いていく。
ガラガラ。
なんで車両間のドアが自動じゃなくて引き戸?とは思ったけども
そこは迷っちゃダメ。
迷ったら負けよ!←何に?
まぁそこにいたのは操縦士の皆様でした。笑
「間違えました。」
そうして逃げるように180度ターン。カツカツと反対側のトイレスペースへ入りましたよ。
もちろん何事もなかったかのように!!爆
背後に「カチャ」っと鍵を閉める音が聞こえましたとも。
そのあと席に戻るのがドキドキでしたね~。
まぁ誰も気にしてないんですけど。やっぱり世界を回してる身としては…ねぇ。
これが私の一番の珍体験だと自負してるんですけど。
マスコさんには勝てません。
同じトイレつながりではありますが。
ちなみに操縦室内は想像通りの作りで、電車の操縦席と飛行機のコックピットの中間くらいのメカ具合でした。
ただ自動操縦のようですごく和やかでしたね。
みなさん談笑していたような気がします。
その空気を凍らせたのはこの私。でももし私がテロリストだったらどうしたんだろう。
【2009/09/29 00:33】
URL | Haeschen #- *編集*

おいしいトコかっさいらいましたな・・・

どうせならスカートはいてたらよかったのに・・・ 多分 便器に座った時点に妙なエロさで男どもは「おおっ」って感じになったかも・・・ 

でもその後 ジョバババババじゃあ ちょっと悲しい結末ですな

ただ 避けずにオシリで全部受けたところはさすがですね ジネンさんがうまく避けて 開店直前に水がショールームに飛び散ったら 掃除が大変ですもの。 ジネンさんのプロ意識をみた気がします。 
【2009/09/29 23:19】
URL | かのん #- *編集*
コメントありがとうございます!
>Haeschenさま

それはそれは賠償請求されなくてよかったですね!
にしても操縦室内なんてアコガレスペースではないですか!
そこにはしゃがなかったとはさすが冷め少女・・・←そこじゃない。

服のままシャワー洗浄っていうのは絶対私だけではないと思ってます。
だから、珍体験てのでは操縦室内に負ける!
でも恥ずかし体験ではまけない!

>かのんさま

スカートの方がエロシチュエーションですか!
気がつかなかった!
でも、スカートの方が濡れた時のはずかしさが軽減されていたのではないかと・・・・!
くるりと横に回せばマシな気がするし・・・!


今の温水洗浄便座はセンサーがついているので、
私がものすごく機敏にとびすさっても人がいなくなった時点で
放水を停止するようにできているのです。
温水洗浄便座のプロ意識はスバラしいです。


でも昔のはついてなかったので、
子どものころ初めてであった温水洗浄便座の放水を
顔で受け止めたことがあります。

スイッチってあるとやたらに押したくなるよね~。
【2009/09/30 00:28】
URL | ジネンマスコ #- *編集*
私は自分で押した
あなたの所属していた企業か、T社だったかどっちか忘れたけど、新宿のショールームにいって便器に腰掛けていろいろ触ってたら、ほんとに水が出てきておしりぬらしたよ…。
だって、まさか本当に水が出るとは思わなかったし~。
水が出るヤツには便座カバーと一緒に透明のカバーがついていたし~。

頭に来たのと恥ずかしかったので、受付のお姉さんに八つ当たりした記憶があります。。。
【2009/10/07 23:37】
URL | ayan #- *編集*
> ayan さま
ぶっ!
素でやっちまったの!?
それは、それははずかしい・・・・。

おっしゃるとおり、通水してるモデルは必ず透明カバーがついてるはずなんだけど、
うちにしろ、T社さんにしろ、
それはないな!

クレームつけてよいレベルです。
お客様に恥書かせるなんて!
ってかボタンあったら押すよね~。
【2009/10/08 21:19】
URL | ジネンマスコ #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mimidoshimar.blog35.fc2.com/tb.php/100-681892b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。