05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

初めての救急車 ~その後~ 


2009.06.21
Sun
23:05

新型インフルエンザネタの後に「初めての救急車」なんてタイトル、
あまりにも思わせぶりでした。
すみません、狙った訳ではないんですが・・・・。


私は元気です。


では、このお話のその後です。


初めての救急車 ~その後~

初めての救急車 ~その後~
鼻息荒く、ハリキって対応いたしましたっ!


さすがに中学校以来の、しかも家族ぐるみのつきあいなので色々と詳しい。
もう聞かれるがままにしゃべったしゃべった。
そしてふと気がついたように私に問う隊員。


初めての救急車 ~その後~

初めての救急車 ~その後~
心の中を寒い風が通り抜けました




20代前半のレディに・・・・なんてことを!
しかも正確にはヤツの方が3ヶ月年上だ!
(私が7ヶ月目の時に出産した子どもかい?)




その後同い年の友人だということを執拗に説明し、一緒に救急車で病院へ。
ショックのあまり救急車に乗って以降の記憶があまりない。
結局、腹痛の原因は「わかりません」とのこと。

それでもなんらかの処置をうけ(原因がわからなくっても治療ってできるもんなんですね)、30分後くらいにはぴんぴんしたK嬢と私が雪の越後湯沢(新潟県のとある温泉街)に放り出されたのだった・・・・。







確かにKはコートかなんかかけられてて髪の毛しか見えてなかったですけどね・・・。
そんなにふけて見えたのかなあ。私。
やっぱりアンチエイジングが大切だって話。
1日1回、押して頂ければ・・・うれしいです

人気ブログランキングへ
こちらもよろしければ・・・・。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
スポンサーサイト

category: 思い出

trackback(0) | comment(7) | 記事編集

go page top

« ストーカーと戦え!in モンゴル1  | h o m e |  初めての救急車 »

コメント

ああぁぁぁ…!!
似たような経験が……!!

私の場合、ジネンさんのように直接言われたわけではありませんが、出産で入院してた友人の見舞いに毎日のように行ってたら、友人が看護婦に「あの人お母さん?」と聞かれたそうです。

同い年なのに!!
しかも、4ヶ月も友人の方が年上なのに!!!!

たしかに、そのときは地味~な色の服を着てましたけども!
たしかに、ちょうどそのとき、髪伸ばしてる途中で、昭和のお母さんみたいな、髪の結び方してましたけども!!

でも同い年の人間捕まえて『お母さん』はないですよね!!

せめて、「お姉さん?」と聞いていただきたいです。
その救急隊員も、女心のわからない人だったのだと思います。

あまりに似たような体験で、画面前で思わず涙流してしまいました……(つ_;)
【2009/06/22 00:03】
URL | 七崎 #- *編集*
強烈~
同級生なのに・・・
母親と間違えられる。
なかなか厳しい状況ですな(=_=)

私は実父の「妻」と間違えられたことがあります。

父の行きつけの飲み屋に両親と私とで行った時のこと。
のれんをくぐって父→私→母の順で入った時、店のママが
「あら~、奥さんお若いのね~!」と一言。


固まる父と私。

私の後からのれんをくぐって入ってきた母の立場は・・・


私も20歳代前半のころの出来事でした。
なんとも形容しがたい間違いは本当にやめていただきたいですね。
あ、でも自分の老け顔のせい?
老け顔の特権・利点を探してみようかしら(=_=)

【2009/06/22 11:22】
URL | adela #- *編集*

救急車に憧れる気持ち、凄くわかります。
というか、憧れています。
やっぱり、非日常ってモノには惹かれますよね。
私はまだ乗った事がないので、一度くらいは乗ってみたいものです。
(とか言って、実際に大怪我するのは嫌ですが・・・)


しかしまぁ、いくら何でもお母様には見えないでしょう。
多分、その隊員の中で何かがあったのだと思います。
状況やら何やら色々な計算をした挙句、『お母様ですか?』と。

もしそうでない場合は、一度その隊員さんを
救急車に乗せた方が良いのではないかと思います。

【2009/06/22 13:57】
URL | 鮭ノ茶漬 #- *編集*

救急隊員にそんなにイロイロ聞かれていた・・ということをはじめて知ったよ。私は私で、辛くなった瞬間とズルズル連れてかれたこととぴんぴんしてからのことしか覚えておりません。そして、気づけば、ジネン氏がただただ憤慨していたことと・・・。

しかし・・・「ハラヘッタ」なワタシが「おなかいたい」ときたらもう、
「単なる食べ過ぎ??」と誤解を受けるのでは・・・とひとり考えていました。
【2009/06/22 14:11】
URL | K #- *編集*

わかります!救急車ってなんだか凄く
トクベツな感じですよね
私も自分が運ばれてるのに
「写メとっていいですか・・・」と
虫の息で嘆願し、救急隊員さんに怒られたことが。

20代女性に、っていうかもう
女性全般に「お母さんですか」って不用意に聞くの
法律で禁止になりませんかね
先日、夫婦で24の従兄弟に就職内定のお祝いで
ネクタイやスーツを買ってやろうということになり
一緒に店に行って採寸してたら
出ましたよ、その一言が。
「仲のいいご家族ですね」なんつって褒められても
全然嬉しくなかったです。

ところで、ご友人
その後は全然症状もなかったんでしょうか
無事帰還されたのは良かったですが
チョッピリ心配でござる
【2009/06/23 00:01】
URL | へぼこ #- *編集*

私は 今年に入ってから駅の階段で 後ろから「あの…」と声をかけられました。 振り返ると老婦人が「あ 若いと思たら 若くなかった。 荷物持ってもらおうと思ったのに・・・」 だって! 露骨ですやんと思いながらも荷物を持ってあげました。
後ろから見たら 若くみえるのか?と少し喜んだのですが 40を過ぎて 若く見られるのが嬉しく感じた自分が妙に悲しかったです。 逆?のパターンですな。
【2009/06/23 00:04】
URL | かのん #- *編集*

>七崎さま
っ、ここに同士がっ・・・・・がしっ(固く握手する音)。

ほんとせめて「お姉さん」でとめといてほしいですよ。
いや、いまだに信じきれてないですけどね、
まさか同級生の母親にまちがわれたなんて。
しかもこの時自分的にはワカモノな格好だったのに~
フード付きダッフルコーとにリュック的なものだったのに~

>adelaさま
ぷーーーーっ!
実父の「妻」!

それは、それはもしかしたら同級生の「母」よりも
厳しいかもしれません・・・・。
年上にみられたとかそんなよりもなんか・・・気まずい感じですね。

ふけ顔の利用法。
なんでしょう。シニアパスとかで割引きくとか?

>鮭ノ茶漬さま
さすが茶漬さん!
いや、ほんとあの隊員さんを乗せるべきですね、本気で普通にお母さんに見えてたら。

あこがれますよね、非日常。
ちびっこがよくトラックとか消防車とか救急車とかのミニカーほしがってるの見ると、
ああ、いっしょなんだなって・・・思います。

>Kさま
そりゃ覚えてないよね~~、なんかもうろうとしてたもの、アナタ。

そういえばあれって「ハラヘッタ」が一番すごかったときだよね?
食べ過ぎが原因じゃないってのが今思えば不思議です。
それでも食べ過ぎには気をつけて下さい。

やっぱりアンパンマンがいいと思うけどな~
いつでもどこでもとんできてくれるし~

>へぼこさま
エ!そんな運ばれてるのに写メなんて!
なんて・・・なんてオイシイ!

「お母様」間違いされてる人が私だけじゃなくって安心しました。
ってか禁止しましょう禁止。「お母様」禁止。

Kのアレは本人がなんとなく原因にアタリをつけていろいろやってるみたいです。
時折でてくるらしいですが、現在はいい感じにおさまってるようで。
ご心配をおかけしました。

>かのんさま
いやまたそれは正直なおばあさまですね。
ってか後ろ姿が若くみえるっていいですね!
立ち姿がキレイってことですよ、それ。
バレリーナのあこがれだわ~。
【2009/06/23 22:23】
URL | ジネンマスコ #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mimidoshimar.blog35.fc2.com/tb.php/49-d23a467a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。